院長日記

Reset代表の本音

静岡店Aさん
静岡店Bさん

出産のご報告も最近続いています!卒業してからもみなさんご連絡いただけるので、こちらとしてもとてもうれしいです。時期によっては、結果がなかなか出ないことが続くということもあります。そんなときは、こうした妊娠報告、出産報告が我々スタッフの心の支えにもなっています。「あの時、〇〇さん、こうしたら妊娠できたな」ふと思い出し、状況が近い方へのヒントにしたりしています。

みなさんと同様に、我々スタッフも、悩んだり心が病んだりすることもあります。結果が出ないと申し訳ないですし、そのプレッシャーもあります。絶対コロナで迷惑掛けられないというプレッシャーもあります。「こうしたら妊娠できるのに」と思ってもなかなか思うような行動を取ってもらえずモドカシイこともあります。(でもそれは、本人の意思と価値観なので仕方ない。でもモドカシイ)。
私は無責任なことは言えないため、過剰に励ましたりはしません。上記Aさんも励ました覚えはありませんが、ちゃんと指導内容をやってくれていればこちらも自信があるので、素直に「大丈夫だよ!」と言ったかもしれません。ちゃんとやってくれていましたからね!

みなさん悩みを抱えてお越しです。不妊という悩みだけでなく、仕事や家庭、将来のことも悩んでいます。来てくれる方たちの気持ちを、まず前向きにさせることからスタートします。我々自身が悩んでいては、マイナスオーラに引っ張られてしまいます。どんなときでもプラスでいられるよう、そして楽しい場所でいられるよう、私も努力しています。心身のケア、リフレッシュは常に意識しています。

先日、新型コロナワクチンの3回目接種を行いました。その後の副反応から肩こり、リンパ痛が酷く、頭痛までありました。あの時はさすがに元気無かったと思います。その日にお越しの方にはご迷惑おかけしました。プロとして失格だな〜。
でも、おかげで肩こり知らずの私が肩こり持ちの方の気持ちが理解できました。おかげで良い薬を見つけました。おかげで「このツボ(経穴)結構ちゃんと効くんだな」とわかりました。体調崩すことで見えたこともあります。この経験も今後に活かしたいと思います。

昨年末から立て続けに妊娠し、うれしいことですが一気に卒業してしまうと私も寂しいです。寂しがり屋なんです。「別に遊びに来るだけでもいいよ!」とみんなに言っています。かなり本心で言っています。いろんな人とお話がしたいんだろうな、きっと。
ブログを書いてて思いました。「マイナスな気持ちの人をプラスに持っていく」ことが私の趣味かもしれない。卒業した人も、これからの人も、ぜひ遊びに来てください。お待ちしております!

鈴木 清文

鈴木 清文

静岡県浜松市出身。 浜松西高卒業後、大学進学、就職と、流れに任せて時間だけが経つ。生きがいを見つけられず、自分らしい生き方を考え退職。柔道整復師資格を取得後、接骨院を開院。同時に自身夫婦の不妊に対し、何ができるか考え始める。 現在、不妊に悩む夫婦のためにできることを様々な角度から考え、「クリニックで行わないアプローチをなんでも取り入れよう」と日々考察中。患者さんと病院の架け橋役を目指し、これまで200件以上の夫婦に笑顔をお届け。日本生殖医学会会員。 好きな言葉 <夢・生きがい・妄想・まずやってみよう!>

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP