(続)新型コロナウイルス対応について

体のメンテナンスResetでは、浜松店、静岡店ともに新型コロナウイルス対策として、引き続き次のようなことを行ってまいります。

  • マスク、アルコール消毒の徹底
  • 換気の徹底 (常時換気扇が回っています。施術ベッドから離れたところの窓を開け、入口(窓)、出口(換気扇)を確保し、空気の流れを作っています)
  • カーテンで仕切られているため、利用者さん同士の接点はありません
  • 機器による施術がメインのため、スタッフとの接点も他の整体院より圧倒的に時間が短いです
  • 全てのスタッフが新型コロナウイルスのワクチン接種を2回終えました。

院内感染は絶対起こしたくないと言うストレスがずっとありましたが、職域なども再開され、ワクチン接種も徐々に戻ってきた感があります。希望者全員に行き渡るのも時間の問題かなと思います。
ワクチンも”絶対ではない”とは言え、それでも少し不安は和らいできました。ワクチンの国内生産の動きも出てきましたしね。(新型コロナワクチンの開発状況について(厚生労働省)
今は安全のためにも規模を縮小しながら院運営を行っております。それでも第5波が落ち着き、国全体が落ち着いてきたときのために、リセットでも徐々に受け入れ態勢を作っていきたいと思います。いつまでも心配していたら何もできませんからね。特に「妊活は時間との戦い」とも言っています。初診の希望者に予約をお待たせすることの無いようにしないといけません。対策は早め早めを心がけます。

現在、静岡店は夜の新規の受け入れを制限しています。初めての方は、午後の始め(14:00ごろから)か、土曜日に入ってもらうようにしています。予約枠が限られていますので、希望者はお早めにご連絡ください。お待ちしております!

Follow me!

投稿者プロフィール

鈴木 清文
鈴木 清文体のメンテナンスReset代表
静岡県浜松市出身。
浜松西高卒業後、大学進学、就職と、流れに任せて時間だけが経つ。生きがいを見つけられず、自分らしい生き方を考え退職。柔道整復師資格を取得後、接骨院を開院。同時に自身夫婦の不妊に対し、何ができるか考え始める。
現在、不妊に悩む夫婦のためにできることを様々な角度から考え、「クリニックで行わないアプローチをなんでも取り入れよう」と日々考察中。患者さんと病院の架け橋役を目指し、これまで200件以上の夫婦に笑顔をお届け。日本生殖医学会会員。
好きな言葉 <夢・生きがい・妄想・まずやってみよう!>

前の記事

危機感を共有したい