不妊治療の保険適応

菅総理が誕生し、不妊治療についていろいろ議論されそうですね。ネットでも不妊治療の保険適応に関する記事をたくさん見かけます。菅さんとしては、少子化対策の一つとして挙げているのかもしれませんが、どの記事のコメントを見ても意外と肯定的なコメントって少ないです。「それじゃ根本的な少子化対策にはならないでしょ」みたいな感じです。

確かに、保険適応と言われてもいろいろ思うところもあります。

  • 本当にやってくれるのかな?
  • やるなら一日でも早く始めて欲しい
  • 書類をたくさん書かないといけないとか、使いづらいってことはないかな
  • 年齢や回数の制限はどうなんだろう?
  • 結局、結果として助成金と大して変わらないじゃんってならないかな?
  • その分、税金や保険料が高くなるんじゃないの?
  • 不妊治療は病院によって金額が違うこともありますが、保険適応になれば統一されるのかな?自由診療だったため、病院によって意外と特色があったりしますが、そういった特色もかき消されないかな?

妊娠しても、その後の子育てにかかる費用などの不安もあり、そこで躊躇してしまう方も多いです。本当は、将来の不安(特に経済的なもの)が無くなれば、もう少しゆとりを持って働けるし、ゆとりのある生活も送れます。今は経済的な理由で諦めている人もいます。不安が減れば子供を望む人も増えると思います。また、その不安がホルモンを乱し、体のバランスを崩すことで、不妊の悩みにも繋がる恐れがあります。ゆとりのある生活が送れる日本にして欲しいです。

気になることはたくさんあります。でも、少なくとも、前向きに動き出そうとしていることは、不妊治療中の方にとってはプラス材料です!あーだこーだ文句言っても、やらないよりはやった方が良いです。私は大賛成です。
少子化対策とか難しい話じゃなくて、赤ちゃんが欲しい人にとってはとても助かる話です。でも、早くして欲しいですね。半年、1年も待っていられない人もたくさんいます。今後が楽しみです!

Follow me!