院長日記

不妊クリニックが混雑始まる!?

ヤフーニュースから「【妊活入門】4月の保険適用化前に、不妊クリニックが混雑しはじめている
人気クリニックが更に込み始めたという記事でした。初診を断られるケースも出ているとのこと。地方はまだそこまでではないですが、4月が近づくにつれて、地方も徐々に同じような状況になるのでしょうね。
私自身は保険適用自体に少し疑問がありますが、いかにも安くなりそうで響きが良いから待っていた人も多かったと思います。そんな方たちが徐々に動き出したのでしょうね。

正月過ぎて 不妊クリニックの先生とお話させてもらったときには、まだ詳細はまったく決まっていなかったようです。人工授精や体外受精などももちろん対象ですが、どんな薬が使えるか?などもそろそろ出てこないのかな?
前にも少し触れましたが、保険の範囲でやろうとすると、こんな時はだいたい基本の部分だけが対象だったりします。でも、オーソドックスな薬だけでは卵が育たないとか、人によって状況がさまざまです。保険の範囲だけで結果が出ればもちろん良いのですが、もう少し強めの薬じゃないと私には…という場合、お金を気にして保険外の薬に踏み込めるかどうか??助成金は無くなってしまいますからね。

例えば、体外受精に50万かかったとして、今なら条件が当てはまれば30万円の助成金がおり、自己負担20万円となります。お住まいの市によっては、さらにその自己負担20万円の○%、市から助成がおりたりします。
4月からは、同じ50万かかったとしたら、すべて保険の適応範囲だとしたら3割の15万円が自己負担になります。
順当にいけば自己負担は減りますが、適用外の薬を使うとどうなるのでしょう?保険診療と自費診療は混合診療できません。すべてが自己負担になったら大変です。(一部、市からの助成はあるかもしれません)
50万と15万だったら、お金を優先して「保険の範囲でやってください」となってしまいそうです。結果が出た場合はいいのですが、妊娠まで至らなかった場合の選択肢が狭まる予感がしています。助成金ならその心配はありませんが。。
不妊クリニックの医師は、「きっと直前まで細かいことは出てこないじゃないかな」と仰っていました。直前に伝達されても、準備も必要だろうし、クリニックも大変だなーと思います。

お金と心の負担が大きな不妊治療です。なるべく短期で、体外受精も一回で成功できたほうが、心への負担もかなり抑えられます。体外受精が最終手段のように思っている人もいると思います。「体外受精をしても駄目だった」それも何度も繰り返すと、なおさら気持ちが落ち込みます。
体外受精が最終手段ではないですが、そこまで踏み込む前に体質を整えておくほうが、心に余裕が残ります。気持ちが落ち込み、悪循環に入ることの方が怖いです。
保険適用になって、「前の方がよかったじゃん」ってならなきゃいいけどな、と思います。
コロナもありますが、いざ、動き出したいときに予約が取れないと機会を逃してしまいます。少し早めに動き出した方が良さそうです。

鈴木 清文

鈴木 清文

静岡県浜松市出身。 浜松西高卒業後、大学進学、就職と、流れに任せて時間だけが経つ。生きがいを見つけられず、自分らしい生き方を考え退職。柔道整復師資格を取得後、接骨院を開院。同時に自身夫婦の不妊に対し、何ができるか考え始める。 現在、不妊に悩む夫婦のためにできることを様々な角度から考え、「クリニックで行わないアプローチをなんでも取り入れよう」と日々考察中。患者さんと病院の架け橋役を目指し、これまで200件以上の夫婦に笑顔をお届け。日本生殖医学会会員。 好きな言葉 <夢・生きがい・妄想・まずやってみよう!>

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP