院長日記

ポジティブになりたい!

誰でも、得意・不得意はあります。不得意なものを「自信がない」のは当然です。でも、なんでも「自信が無い」と言う人もいます。そんな時は、自分がやったことないから自信が無いということが多いです。

自分が経験していないことは、未知の世界であり、未来への不安と同じようなこと。よくわからないから不安で自信が無い。ある化粧品の噂や口コミが悪くても、「良くないみたいだよ」とは言えても、自信を持って「やめた方がいい」とは言えません。自分で使ってみて初めて「やっぱり良くない」のか「思ったより良かった」のか判断できます。

行動してみて分かってくると、それは自信に繋がります。1つ1つの出来事が行動に繋がると、それだけ自信が増えてきます。あるいは、〇か×か、はっきり自分で自信を持って判断できます。
その自信の積み重ねが、ポジティブな発言にも繋がります。

行動 ➡ 自信 ➡ 判断 ➡ ポジティブ ➡ 更なる自信 ➡ 悩み減少

①行動

まずやってみる。自分で行動することで、人の意見ではなく、自分の意見を持てる。

②自信

私にも「できる」ことが自信になる。自分で経験したことで、良いも悪いも、自分の意見をはっきりと言え、自信を持った発言にもなる。

③判断

自分の意見がわかれば、どうしたら良いか自分で判断できる。良いことは続ければ良いし、悪いことは辞めればよい。周りにもそのように自信を持って勧められる。他人の意見ではなく、自分で行動し、経験するからこそ、迷わず自信を持って判断をくだせる。悩みは大抵、判断から生まれるが、この判断が容易になることで、悩みも減少する。

④ポジティブ

自信があれば、自分で判断できて、発言がハッキリしてくる。「~だと思う」と言うあやふやな語尾ではなく、「~だ」と断定した自信のある発言になる。経験が増し、自信も増してくると、対処法も分かってきてポジティブな発言が増えてくる

⑤更なる自信と悩みの減少へ

そんな良い循環が生まれます。一度ついた自信はそう簡単に揺らぎません。
ここでの「自信」はスキルもそうですが、マインドの部分が大きいです。

これは、私自身の経験でもあります。よく「ポジティブだよね~」と言われますが、自分ではそう思いません。どちらかと言えば昔はネガティブでしたから。知らないうちに変わったのかもしれません。よく「どうして変われたの?」と聞かれますが、自分でもよくわかりません。ずっと考えた結果、恐らくこの流れだったんだと思います。
将来の不安は誰でもあります。どうなるかわからない先のことを考え過ぎて行動できないよりも、とりあえず今を、さらに言えば、将来のためにも今、行動に起こすことで、未来は変わります。悩みも減少します。
迷っていることがあれば、なんでもやってみてください。行動に起こすことで、悩みも減り、ゆくゆくはポジティブな発言が増えてきますから!

鈴木 清文

鈴木 清文

静岡県浜松市出身。 浜松西高理数科卒業後、大学進学、就職と、流れに任せて時間だけが経つ。生きがいを見つけられず、自分らしい生き方を考え退職。柔道整復師資格を取得後、接骨院を開院。同時に自身夫婦の不妊に対し、何ができるか考え始める。 現在、不妊に悩む夫婦のためにできることを様々な角度から考え、「クリニックで行わないアプローチをなんでも取り入れよう」と日々考察中。患者さんと病院の架け橋役を目指し、これまで200件以上の夫婦に笑顔をお届け。日本生殖医学会会員。 好きな言葉 <夢・生きがい・妄想・まずやってみよう!>

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP